お金がなくて彼氏に頼っていた私

女性/20代/接客業2年 事務業2年弱

派遣事務をしています。
現在彼氏と同棲中で、普通のOLといったところです。
月収は多くありませんが今のところ生活に困っているわけでもありません。

3カ月で退社する

大学卒業した22歳のころ、新入社員として入社した会社を3か月で退職してしまい、給料をもらうどころか逆に天引きされ、次の仕事を見つけるまで大変お金に困っていました。
当時は安い木造アパートに一人暮らしでした。

彼氏に相談

両親は他県にいました。
会社を辞めるのは次の仕事が決まってからといわれていたので相談できませんでした。
その代わり当時の彼氏に食費のみ頼っていました。

彼氏に頼る

食費は彼氏にお願いして、自分の家には帰らず彼氏の家で生活をしていました。
家賃等や携帯料金等を払うため暗い部屋で仕事を探しつつ在宅ワークをし、夕方になったら自転車にのって近所のスーパーへ彼氏からもらった3000円を握りしめて買い出しに出かける生活をしていました。
また友達からの誘いはすべて断り余計な失費を増やさないようにしました。

彼氏に内緒

短期のチャットレディ等で少しずつ稼ぎました。
光熱費等は一か月待ってもらえるのでとりあえず携帯料金と家賃だけを支払える分を稼ぎました。
彼氏にはそのことは言っていません。
そもそも食費以外は無理だといわれていたので、どうやって稼いだかは言わず、大丈夫とだけ言っていました。

計画は大事

今もお金に困っていないわけではありません。
常にカードのリボ払いが付き添っています。
何も学習できていないんですね。
転職する際は次の仕事を決めてからと思ってはいましたが県をまたいだ引っ越しが重なるとそうもいきません。
引っ越しや転職前になるべく計画的にお金を貯めるようにしています。
計画性がないことが招いた金欠だったのでひとまず計画的に行動することです。
あとは余計なものを買わないように心がけています。